風間内科医院

甲府市,中巨摩郡 の 糖尿病内科 風間内科医院

〒409-3864 山梨県中巨摩郡昭和町押越 916-1
TEL 055-275-5157

rss

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
トップページ»  ブログ記事一覧»  低血糖について考えましょう

低血糖について考えましょう

低血糖について考えましょう

低血糖は以下のように4つに分けられます。

  1. 重症低血糖:意識が混濁あるいは消失して他人でないと対応できない低血糖
  2. 確認された症状のある低血糖:通常の低血糖症状があり、血糖測定により血糖が70mg/dL以下の場合
  3. 無自覚性低血糖:低血糖症状はないが、血糖を測定すると70mg/dL以下の場合
  4. 相対的低血糖:反対に低血糖症状はあるが、血糖を測定すると70mg/dL以上の場合
 
 重症低血糖はさておいて、特に問題になるのは3の無自覚性低血糖です。低血糖の自覚がないのは、低血糖の自律神経症状である発汗、動悸、手のふるえが出にくくなっているからです。自覚症状がないのでSU薬や特にインスリンを使用してる方は血糖測定がどうしても必要となります。当院ではSU薬は膵β細胞の疲弊をきたしたり、心血管病変を増やしやすくなるのでほとんど使用しておりませんが。
 次に問題になるのは、低血糖であっても典型的な低血糖の症状が出現していることがなく、体のふらふら感、頭のくらくら感、めまい、脱力などの症状が多くあることです。また、頭痛、眼がボーッとして見にくい、呂律が回りにくい、ぎこちない動きなどの症状、集中困難などの認知機能障害も見られます。特に、認知機能障害が低血糖の症状として起こると、注意、集中力、情報処理能力、記憶力などに障害が起こり、低血糖の対処の遅れにつながる可能性があります。低血糖症状が無自覚、または見逃されたりするとそれが重症低血糖に繋がります。
  心当たりがある方は主治医や病院スタッフにぜひ相談してみましょう。

 

2018-11-18 10:44:29

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント